師範紹介

和道流空手 師範 / 真中流合氣護身術・柔術 免許皆伝師範

本名:中村義一 (なかむら よしかず)

1958年 山口県岩国市生まれ。生後まもなく父方の伯父に預けられ幼い頃より合氣護身術・柔術を学ぶ。高校の時に和道流空手の師に出会う。その後武術の研鑽を積み、和道流空手師範免許、真中流合氣護身術・柔術の皆伝師範免許を受ける。

1993年、渡米。サウスカロライナ州、テキサス州、ペンシルベニア州、ワシントンDCとカナダのオンタリオ州で指導。

兵隊、警察官、警備員、ボディガードなど毎日危険な仕事に携わっている門弟達がいる。その他色々な仕事や目的を持つ老若男女の会員達が師事する。

2014年帰国後、東京在住、アメリカ国籍。

 

ファミリーヒストリー:中村家

中村家は義一の曽祖父富蔵が日露戦争より復員後、ハワイ島ヒロ市へ移民し造船会社を営んでいた。富蔵の二人の弟達もそれぞれ満州と釜山で造船会社を営んだ。富蔵のたった一人の息子安次は野球人で生涯日米で選手、監督として活躍した。安次の二男義治が義一の父である。中村富蔵一家は第二次世界大戦の真珠湾攻撃より少し前に山口県熊毛郡佐合島に引き揚げた。2001年、義治は妻幹子と共に再びヒロ市に移住、2006年没。幹子は現在もヒロ市在住。義一は長男であり、ミシガン州と広島市に妹達がいる。下にあるのは義一の父母の家紋である。